大阪排水管つまり排水管高圧洗浄 緊急対応お任せください!

管内カメラ調査

管内カメラ調査・管経路調査もお任せください!

只今、制作中です

<管内カメラ調査・管経路調査に関して> 

大阪排水管つまり専門ヤサカシステムでは、様々な状況に応じて管内カメラも使い分け、確実な「管内カメラ調査」(ファイバースコープ作業)も対応させて頂いております。

管内カメラにも様々な機種があり、管径(管内の直径大きさ)や、
コーナー数(排水管の曲がり数)、排水管の距離(排水管の長さ)
などによって適材機種が変わります
雨天可能型管内カメラ 雨天可能型20M管内カメラ 便器内通過型特殊カメラ

管内カメラ調査には様々なご要望があります


・よくつまるので排水管内を確認したい。

便器を外さず、便器内の状況をカメラ確認したい。

・つまりを直してもらったが、すぐにまたつまったので確認したい。

・排水管の勾配が気になるので管内カメラ調査で確認したい

・古いマンションなので鉄管内の腐食状況やサビ状況を管内カメラで確認したい

・リフォーム工事受け渡し後のトラブル回避として管内状況を確認しておきたい。

・建築現場における、既設の排水管事前状況確認をしたい

・戸建て屋外にあるはずの隠れて不明な会所・小口径桝を工事するため特定したい。

・他社でつまりを直した際、管内カメラ作業も付帯したが、少ししか入っていかなかったためキッチリ確認したい。
広角レンズ40M管内カメラ状況に応じたカメラヘッド

[check]たくさんの管内カメラ調査・排水管経路調査のご依頼がありますが、上記以外にも本当に様々なご要望があります。ヤサカシステムでは現場に応じた管内カメラをご用意させて頂き、確実な作業を心掛けております。

例えば、一本のプラスドライバーだけでどのネジもうまく回せるかといえば、もちろん「ノー」です。プラスネジの大きさ、ドライバーの長さ、細さやグリップの大きさなど用途に応じて使い分けキッチリ仕上げていくのと同じ考え方で、管内カメラ調査作業も使い分けが必要な時もたくさんあると考えております。

管内カメラ調査作業 3つの重点項目

[check] 排水管の内径に適した管内カメラ選定  適切な視野角度及び明るさ

[check]排水管の曲管数を考慮した管内カメラ選定  ケーブルの柔軟性及びケーブル素材の特徴により挿入性が変わる

[check] 管内カメラヘッドの強度性  モニターを見ながら高圧ジェット特殊ノズルにて作業することで作業完成度が上がる

    耐衝撃カメラヘッド  管径に応じた管内カメラを使います

管内カメラ調査でわかる様々なつまり

powered by HAIK 7.3.7
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional